交通事故に遭ったらまずは病院へ

一般的によく言われるものに「交通事故に遭ったときは必ず病院に行ったほうがいい」というものがあります。
たとえ外見からは出血も傷も何も問題がないとしてもです。
なぜならば、後遺障害が出る可能性があるからです。
後遺障害とは完治することもなく、将来にわたって症状が残ってしまうものを指します。
特に交通事故では搭乗者であっても通行人であっても、強い衝撃を受けてしまいます。
頭や首、背骨などに強い衝撃を受けてしまうと、外見的には何ら大丈夫であっても数日後になって後遺症が表れてくることがあるのです。
しかし、事故から数日経ったときに症状が表れてしまうと事故と障害の因果関係を証明するのが難しくなってしまいます。
そうなると自動車保険が適応されなかったり、加害者に対して後遺障害慰謝料を請求することもできません。
被害を受けて障害を負ったのに、保険金も慰謝料もなく泣き寝入りしてしまう可能性があり将来が台無しになることもあります。
それを防ぐためにも、交通事故で被害を受けたときは、当日のうちに病院で診察を受けてもらうのが一番です。
万が一障害があると認められたら医師から診断書を作成してもらうことができ、あらゆる面で役立ちます。

http://baishoukin.com/baisyoukin/