ゲストハウスの住人が娘とドライブをする事に

ゲストハウスの住人とゲストハウスの持ち主の娘は、しばらく港を散歩して灯台の辺りまで来ました。隣を歩いているゲストハウスの持ち主の娘は、パーティードレスのまま来たために夜風がちょっと涼し過ぎる様です。ゲストハウスの住人はゲストハウスの持ち主の娘をドライに連れてきたものの、18歳の小娘と30歳の自分がこんな夜中に二人っきりではいけないんじゃないかと良識を取り戻し、ゲストハウスの持ち主の娘に、「さあ、帰ろう」と車のほうに体を向け直し、ゲストハウスの住人は帰る事を促しました。 娘はしぶしぶと歩いて車に戻りました。ゲストハウスの住人は娘が言う事を聞いてくれてホッとした様子です。
http://www.oakhouse.jp/