銀座といえばジュエリーのショップ

残念ながらまだ銀座に一回も行った事がない。銀座に行く理由が無いっていうのと、銀座への行き方が分からないというのと、のぼり方面は基本的に苦手という3つの理由があるからです。でもジュエリー、銀座と聞くと耳がピンと立ってしまう私は、もしかしたら銀座っていう街は最後の楽園なのかもしれないと今、気が付いた。もともとジュエリーにはきょうみがあるけれど、身につける事には興味が無いので、どちらかと言うとジュエリーは金庫にしまっておいて、夜な夜なみんなが寝静まった頃にそっと取り出して、その美しさを密かに眺めて楽しむ、独り占めタイプかもしれない。でもピカピカ、キラキラしたものは眺めているとため息が出るくらい癒されるのは何故?