特許申請で知的財産を守りましょう

日本の中小企業の技術には驚かされるものがあります。
次々と新しいアイディアで新しい技術が生まれているのです。
なのに、そのアイデアを自分のものとしてつか続けることができないとしたらどうでしょう。
自分のアイデアなのに自分で使うことができないなんて、そんなことが実際にあるのです。
日本の中小企業では、これまでほとんど特許申請などをすることがなかったのではないでしょうか。
そのため、他の誰かが先に特許申請をしてしまうと、発明者自信がその技術を使えなくなることも起こっています。
それは、先願主義を取っているからです。
どちらが先に発明したかは問題でありません。
どちらが出願したかが重要なのです。
そのため、もし自分の権利を守ろうと思うのなら、特許申請をして自分の権利を守らなければなりません。
それをサポートしているのが至誠国際特許事務所です。
日本の中小企業の知的財産を守るために、至誠国際特許事務所ではあらゆるサポートを行っています。